House building guide 家づくりガイド

  • HOME
  • 家づくりガイド
  • 「施工」のこと

家づくりガイド。気になる項目を左から、選んでください。

  • 「家」のこと
  • 「お金」のこと
  • 街えらびのポイント
  • 「施工」のこと
  • 完成までのながれとは?
  • 「性能」のこと
  • 「保証」のこと
  • 住んでからのこと

施工のこと

木造在来工法

木造軸組工法(在来工法)は、雨の多い日本の風土に合った伝統的な工法です。

木には特融の温かみがあり、また木が呼吸することによる吸排湿性や劣化に対する強さは、正しい施工と手入れをしていれば非常に優れています。木の耐久性は、法隆寺を思い出していただければわかりやすいでしょう。そして意外にも火災が起こったとき、木の家は柱の中まで燃え尽きるのに時間がかかり、崩れ落ちにくい特性があります。

アーバンプランニングの家では、木が持つ元々の良さに加え、最新鋭の構造計算や施工技術を取り入れ、阪神大震災の1.5倍の揺れに耐えうる強度を確保しています。

お寺の写真

各部の施工

  • 阪神大震災の1.5倍の揺れに耐えうる強度を持つ基礎配筋です。
    通常よりも配筋のピッチが狭く、接合部分の長さも長くしています。

  • 阪神大震災の1.5倍の揺れに耐えうる強度を確保するため、
    建築基準法適合レベルの倍近い構造部材を使用しています。

  • 家全体を隙間なく断熱材で包んでいます。
    壁内結露を防ぐための施工方法を行っています。

  • 完成した木造在来工法の事例。
    構造材の梁を意匠にも活かしています。

重量鉄骨造

重量鉄骨造の家には、耐久性に優れている・間取りの自由度が高い・開放的な大広間が作れる・開口部が大きく取れる・狭小地でも建てられる、といった多くのメリットがあります。
また、近年の鉄鋼生産技術の進歩により、部材の信頼性も飛躍的に向上しています。
ご自身の好みで信頼性のある家を建てられるのに、非常に適しています。

鉄骨造の家

各部の施工

  • 基礎は、重量鉄骨の重さを支えるのに加えて、耐震強度を備えるため、木造の基礎よりも鉄筋の数と太さおよび基礎の厚みを増しています。
    写真のように、人が鉄筋の上に乗ってもゆがんだりしません。

  • 重量鉄骨の躯体は、鉄骨の柱と梁で家を支えます。鉄骨部材は、細すぎても太すぎても不可で、耐震強度を保つ上でのバランスが最適な物を採用しています。
    また、2,3階の床部分にもコンクリートを流すので、足音が軽減されます。

  • 内装材は、ホルムアルデヒド発散量のきわめて少ない「F☆☆☆☆」(フォースター)ランクを使用しています。
    断熱材は、天井 ・ 壁 ・ 床下に隙間なく施工され、冷暖房の省エネを助けます。

  • 壁のクロスはホルムアルデヒドを吸着し、天井のクロスはマイナスイオンを発生します。 また、24時間換気システムを採用し、わずかながら発生するホルムアルデヒドを常時排出します。
    この対策により、室内の空気環境を良好に保ちます。

このページの上へ