House building guide 家づくりガイド

  • HOME
  • 家づくりガイド(「お金」のこと)

家づくりガイド。気になる項目を左から、選んでください。

  • 「家」のこと
  • 「お金」のこと
  • 街えらびのポイント
  • 「施工」のこと
  • 完成までのながれとは?
  • 「性能」のこと
  • 「保証」のこと
  • 住んでからのこと

「お金」のこと

  • 費用のこと
  • ローンのこと

費用のこと

いざ、家の購入を決めたあと「一体どれくらいの費用がかかるんだろう?」と思われませんか?
ここではご購入にかかる「費用」について、お話させていただきます。

わかりやすい価格設定 建物価格=1,728万円※1/地盤改良/付帯工事/外構工事/設計費/すべて込みの明朗会計

当社がご用意する注文建築用地(建築条件付土地)に、家を建てていただく際に「建物価格1,728万円」とわかりやすい価格設定を掲げています。
これには建物の価格はもちろん、地盤改良や付帯工事、外構工事、設計費など本来費用の発生する要素もすべて含まれています。
また単に決められたプラン・設備・仕様から選ぶのではなく、最初の打ち合わせから設計士が直接ご提案し、ご要望の中からコスト調整にも積極的に対応しています。建物本体にオプション(ご希望の場合のみ)を付けられる際の価格以外には余計なご予算の心配をすることもなく、理想の住まいを実現していただけます。
※1 標準プランの場合。オプション(ご希望の場合のみ)は別途費用がかかります。土地価格が別途かかります。

家を買う前、買ってから必要になる諸費用

ご購入の際にかかる諸費用の目安は以下のようになります。(ケースによって変動する場合もございます。)
土地や建物のご購入価格の他にかかってくる費用になりますので、資金計画の中に含んでおいていただくことが必要になります。
当社では、諸費用はローンでの借入れも可能です。仮にお手持ちの費用がゼロの場合でもご購入は可能です。

費用を支払う時期とおよその金額(当社の場合)

  • 1.物件購入が決まったらすぐに必要なお金。

    ・購入申し込み時

    申込み証明金(0円)

    ・売買契約時

    手付金(要相談)
    契約印紙代金(2万円~)

  • 2.引渡しまでに必要なお金

    ・ローン契約時

    契約印紙税(2万円~)

    ・鍵の受け渡し時

    購入物件の残代金(物件価格-手付金)
    購入諸費用※2(約80万円~200万円前後)

  • 3.引渡し後に必要なお金

    ・引越し時

    引越し費用や家具購入費用など(約50万~)

    ・半年~1年半後

    不動産取得税(物件により異なり、税額ゼロのケースもある)

  • 4.家を買った後に必要なお金

    ・住宅ローン返済、家の所有者にかかる税金(固定資産税)、メンテナンス費用など

※2 登記費用、火災保険料、住宅保証保険料、各種手続き申請費など。

ローンのこと

家をご購入されるとなると、多くの方が住宅ローンを検討されると思います。
実は、住宅ローンはどの斡旋企業(建設会社・不動産会社等)で組んでも同じではありません。
なぜなら金融機関・斡旋企業・お客様の組み合わせにより、条件が変わってくるためです。その為に多くの金融機関と協力している斡旋企業を選び、最適かつ、より良い条件で住宅ローンを組むことが重要になってきます。
当社では多くの金融機関からご協力をいただき、お客様にとって最適かつ、より良い条件で、住宅ローンのサポートをさせていただくことが可能です。

アーバンプランニングがサポートする住宅ローンのメリット

  • 豊富なバリエーション

  • 経験値の高いスタッフによる、
    最適な商品のご案内

  • 当社ならではの金利優遇

  • 迅速な金融機関事前審査

35年間金利固定の【フラット35】

これは住宅金融支援機構と民間金融機関が共同で提供している、長期固定金利の住宅ローン商品の名称です。
【フラット35】のメリットは、資金の受け取り時に返済終了までの借入金利、返済額が確定する住宅ローンなので、長期にわたるライフプランを立てやすくなり安心です。当社では、すべての建物で【フラット35】に対応しています。

「フラット35」のメリット

  • 金利変動がないから安心

  • 保証料0円、繰上返済手数料0円

  • 機構の技術基準で、住まいづくりを応援

  • ご返済中も安心サポート

さらに条件の良い【フラット35】S

【フラット35】Sとは、【フラット35】のメリットに加え、一定期間金利の引き下げが受けられる制度です。ただし、【フラット35】Sはどの住宅でも適用されるわけではなく、耐震性や耐久性などの厳しい基準をクリアした住宅だけに適用される特別な制度です。
当社では、すべての建物で【フラット35】Sの「金利Aプラン」に対応しています。

「フラット35」Sは、比較するとこんなにおトク!

「フラット35」適用金利1.79%の場合→月々 96,176円、総返済額 40,393,803円。「フラット35」の固定金利(1.79%※の場合)※当初10年は「フラット35」固定金利から0.3%引下げ。【「フラット35」S Aプラン】当初10年間 1.49% 11年目以降 1.79%→当初10年間 月々 91,708円 11年目以降 月々 94,977円 総返済額 39,497,984円 895,819円お得!/※ 平成26年2月において返済期間が21年以上35年以下、融資率9割以下の場合で取扱金融機関が提供する最も多い。フラット35(買取型)】の金利です

「フラット35」Sは、定められた技術基準をクリアしている住宅だけに対応できます。
当社は耐震性で基準をクリアしています。

「フラット35」に関する詳しい説明は「住宅金融支援機構」のサイトをご覧ください。

住宅ローンに関するご質問、ご不明な点などがありましたら
弊社スタッフまでお気軽にご相談ください。

このページの上へ