• 0120-1121-59
  • 営業時間:10:00~20:00(水曜定休日)

お問い合わせ アイコンお問い合わせ

  • 電話 アイコン
  • メール アイコン
  • 電話 アイコン
  • メール アイコン

URBAN PLANNING

COLUMN コラム

シューズクロークって必要?

シューズクロークって必要?

(#家づくり)

お家を建てる場所が決まって、いよいよプランを決めなきゃ!
玄関は広い方がいいけどシューズクロークって必要かな?どんな形があるんだろう?
一緒にシューズクロークについてみていきましょう♪

18.TOP.jpg

シューズクロークというば、増えがちな靴をたくさん収納できる!というイメージですよね。
賃貸で暮らしていると、玄関周りのたっぷりの収納スペースはとっても魅力的に感じます。
ただ、何も考えずに憧れだけでシューズクロークを設けてしまうのはちょっと危険かもしれません!

何を収納するのか、自分達家族が使い易い用途を考えながら、しっかり使い勝手のよいシューズクロークを実現しましょう!

では、まずはシューズクロークを知ることからはじめましょう~!

***

●●シューズクロークにはどんな種類があるの??●●
@18.ウォークインタイプ.jpg

こんな方におススメ!
・とりあえず靴が好き!家族が多くて靴の量が多い!など、靴をたくさん収納する必要がある方
・室外で利用するものの収納量が多い方(アウトドア用品・スポーツ用品・キャンプ用品などなど...)
・自転車いじりやDIY等の趣味部屋としても利用したい方
・来客時に収納スペースを見られたくないという方(来客時にすぐ物を隠せるので楽々です!)

ここに注意!
・なんでも収納出来て便利なので、片づけがないがしろになってしまう。
・湿気や臭い等がこもりがちになるため、換気扇や小窓を設置する必要がある。
・土足ではいれる空間なので掃除に手間がかかる

@18.ウォークイスルータイプ.jpg

こんな方におすすめ!
・生活導線を重視した暮らしがしたい方
・コートやバックなども収納でき、お出かけ前の用意を一か所で済ませたい方
・玄関はいつでもスッキリさせておきたい方
・インテリア性の高い収納がしたい方
・扉を設置しないため、通気性が良く採光もよくなる。

ここに注意!
・人が通る用に空間をあけておかなければいけないので収納スペースは少なくなる。
・導線は分かれるが、見える収納を意識しなければいけない。
・土足ではいれる空間なので掃除に手間がかかる

***

シューズクロークの代表的な2つのスタイルをご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

どちらにも良い点と悪い点があり、きっと自分達家族ならこっちかな...というスタイルがあったのではないでしょうか?

やはり、シューズクロークは、とっても魅力ある設備ですね!
靴箱だけでは実現できない収納力・幅広い用途で活用できるスペースになるということは間違いありません。

ですが、土足で入れるスペースが増えるというのは、掃除にも手間がかかるということでもあります。
シューズクロークが便利でなんでも収納してしまうと、毎回靴をはいて取りに行く...なんていうことにもなりかねませんし、広~いシューズクロークを設けて、そもそも収納するものがそんなになかった!!なんて事も避けたいですね。

収納するものを見極めて、自分たちに必要な広さとライフスタイルにあったシューズクロークのスタイルを決めてみてくださいね!

皆様にぴったりな玄関がつくれますように!!

では、また**

多彩な玄関スタイルもご覧いただけます。一度チェックしてみてくださいね♪
18.クリック.jpg