• 0120-1121-59
  • 営業時間:10:00~20:00(水曜定休日)

お問い合わせ アイコンお問い合わせ

  • 電話 アイコン
  • メール アイコン
  • 電話 アイコン
  • メール アイコン

URBAN PLANNING

COLUMN コラム

キッチンスタイルの種類

キッチンスタイルの種類

(#家づくり)

@26.top.jpg

種類が豊富なキッチン。
お家の中でも、こだわりたいという方も多いのではないでしょうか。
使い易いレイアウトやスタイルを選んで、毎日の家事も今まで以上に楽しめるように。
今回は、「キッチンスタイル」の種類や特徴をご紹介します!


まず、キッチンは3つのスタイルに分けられます。

●クローズドキッチン(独立型)●
26.クローズタイプ-2.jpg
「クローズドキッチン」は、リビングやダイニングから独立させた(間仕切り等)スタイルのキッチン。散らかりがちなキッチンを来客等に見られる心配もなく、調理中の匂いや煙等がほかの部屋に行きにくいことが利点となります。ですが、欠点として、調理中は家族とのコミュニケーションが取りにくいことがあげられますね。



セミオープンキッチン(半独立型)

26.クローズタイプ.jpg

「セミオープンキッチン」は、キッチンとリビング・ダイニングとの間を壁や吊戸棚等で適度に空間を仕切ったスタイルのキッチン。
オープン型とクローズ型の中間に位置するキッチンです。
リビング・ダイニングとキッチンとの間に開放部を設けた壁などを設けているので、ほどよい開放感を得られます。なのでクローズ型よりも家族とのコミュニケーションもとりやすくなります。キッチン内部も見えにくいのも嬉しい利点です。
欠点としては、クローズ型よりは音や匂い、煙等
が気になる点といえるでしょう。


●オープンキッチン●
26.オープンタイプ.jpg
「オープンキッチン」は、ダイニングやリビングに対してキッチンが完全に開かれているスタイル。
最大の利点は、家族や来客とコミュニケーションをとりながら調理ができること、リビングで過ごす家族の様子を見ながら調理もできます。
また、キッチン背面を一面収納にすることもできるレイアウトで、意外に収納面の充実も。
欠点としては、キッチンがリビング側から丸見えになること。音や匂い、煙への配慮は必須となります。



お家の広さやライフスタイルによって選び方も様々。
自分たちの優先順位によって決めること必要ですね!


次に、キッチンのレイアウトの種類についてご紹介します。

キッチンのレイアウトは、取れるキッチンスペースのスペースの広さや、利用する家族の人数等を考えて決めることが大切です。
自分達家族にとって一番使いやすいレイアウトや作業スペースの広さ等を把握し、最適なキッチンプランを採用できるように検討しましょう!

26.一覧.jpg

26.追加.jpg

ここで、番外編!
工夫次第で、「アイランド型風」にもできるレイアウトをご紹介。
26.番外編.jpg

キッチンのレイアウトのご紹介でした!
キッチンを見せるレイアウトか、隠すレイアウトにするのか、家事の効率を優先するのか...。
レイアウトを決定するためにしっかり家族で話し合ってみてくださいね。
皆様のお家づくりに役立ちますように!

お読みいただきありがとうございました!

では(*^-^*)